募集中
 
 オンライン格言集
 
●オンライン万葉集編纂所では同名格言集を世界中から募集することになりました。奮ってご応募ください。採用されたものは総て未来人への贈り物となります。現今のコロナウイルス対策は幕末期のコロリ(コレラ)対策法から一歩も出ていない情けなさ。文明の進歩などおよそ便りにならない。格言こそが人の心を奮起させます。
 
        主唱者 本学会会長 濱野成秋
        審査員 理事一同
           令和二年四月一九日
 
 
    凡例
 望みはありませんが、光はあります
               JR 職員
 
[評釈]これはみどりの窓口で新幹線の空席状況を質問された時の答えのようですが、人生哲学としては秀逸。「人間の欲する望みは絶たれたかも知れない。しかし天恵を待て。天は汝を見棄てない」の意。法然上人曰く、「月影の至らぬ里はなけれども眺むる人の心にぞ住む」天恵はあると信じてこそ汝の希望は叶うのだと諭される。勇気も出る。現今の拙いコロナ騒ぎぐらいで心を塞ぐな。天恵を待て、とも読み取れる。現にコロリは抗体のおかげで急速に治まった。
 むかしの光、今いずこ
               土井晩翠
[評釈]荒城の月の一節。この城が隆盛を誇っていた頃、花の宴もここで持たれただろうに、今は荒れたまま。盃に燦燦と降りそそいた陽の光も消え果ていずこへと消えた。秋、ここは戦場となり憤死した武士の土饅頭にぶっ差した剣に月光が降り注いでいたであろうが、今では剣も土饅頭もない。植うる剣に照りそうた月光は今は消えた。つまり彼の武勇を知る者とてない。人の世とはそういうものだ。
 諸行無常で片付ければそれまでだが、この世の人よ、自身の存在もやがては果てて追想するものとて居なくなるのだから、人生、何を成すべきや。
 この、一見、格言ではない無常観を歌った詩だが、これを幼少期から折に触れて歌っていると、この、動かしがたい無常観に抗っても何事か成すべしと思わぬか
 
 一に掃除、二に勤勉、三に学問
               上宮高校 教職員
 
[評釈]学問一途が高校生なのに、この学校は三番目かよ。と思うは短絡に過ぎる。これも法然上人の教えの一つで、まず心に住まう邪念を祓えという。雑物に満ちた環境の整理もできんようでは、些末事から解脱出来ぬまま学を修めるから、それは邪念の手助けになるだけ。モノにはならぬ。勤勉とは自分の持前の才覚をうんぬんするな、ひとえに努力せよということ。さすれば、才能ある怠け者より立派になれる。そう信じて勤行する。
それを在家には勤勉と置き換える。この視点で世に蔓延る進学校の卒業生の動向を診れば嘆かわしいばかり。若い頃にこの一と二がないから難関大に入って高級官僚になっても、出世ばかりに邁進し私利私欲に走って定年後は税金泥棒の渡り鳥になる。高校の格言として、この、一に掃除から始まる格言は言いえて妙であり神々しい。この学校では親孝行を推奨するというが、それもこの哲学に通じる立派な教えである。